丹沢ジオサイト研修

5月1日(火)神奈川県の丹沢エリアにて「丹沢ジオサイト研修」を実施しました。
丹沢が火山島だったという自然遺産の証拠探し・「枕状溶岩」のサイトを紹介することが目的。
午前中は西丹沢南沢にある自然遺産が同化して山地となった枕状溶岩や火山岩である流紋岩(ガーネット入り)サイトを巡検。

午後は「生命の星・地球博物館」の外来研修員である門田先生の講演と小菅沢の枕状溶岩サイトを巡検案内していただきました。
NHKジオジャパンでお馴染みになりました「枕状溶岩」と門田先生が発見しましたアオサンゴ化石、オウムガイ(アツリア化石)のことも含め、先生から野外講演の形で直に説明を受け、サイト案内をして頂きました。

「丹沢にも、ジオサイトがあるの?」という事が一般的に普通な丹沢山地での登山者コメントだと思います。
参加者の数人の方は、丹沢が南からの火山島・付加体ということを知らない方が数人、参加者の丹沢認識を一新していただけたようで、ジオ研修の甲斐があったと思っています。
伊豆に負けないジオ丹沢の大地だと私は思っています。
今回はサイト紹介で登山が伴わないサイト見学研修でしたが、楽しんでいただけたら幸いです。

登山&自然ガイド  里見 豊

危急時対応技能研修

SMNGAで年間のガイド研修企画を担当している杉本です。
当会ではほぼ月1回、危急時対応技術、古道・ジオツアー、
自然解説技術、クライミング、安全管理技術、積雪期解説、
積雪期安全管理など様々な内容の研修を企画実施しています。

自然ガイド、登山ガイド、山岳ガイド、クライミングインストラクター
が集う当会ならではの研修内容となっています。

総会翌日に新年度一つ目の研修は「危急時対応技術」
研修に参加会員のリクエストで内容を進めました。

登山中に発生する「靴底が剥がれる」いうトラブルへの対処法を
各自の持ち物で検証。
ゴムチューブで固定

三角巾の使用法や登山中にあり得る怪我や症状への対応を確認。
手首の骨折の固定

足首の捻挫にテーピング

低体温症への対処

ロープやスリングを使ったハーネスやザック搬送のバリエーションを
参加者でシェア。
スリングを使ったハーネス

ザック搬送

斜面で引上げ

ガイド中は十分に安全管理に配慮していますが、突然のトラブルに
対応できるよう研修しています。

NPO法人静岡山岳自然ガイド協会・総会

今年度より広報を担当することになったNPO法人静岡山岳自然ガイド協会(以下SMNGA)成相と申します。
このブログでは、SMNGAでのガイド研修報告や活動について紹介していきたいと思っております。

4月23日(月)2018年度の総会が長野県小諸市にある安藤百福記念自然体験指導者育成センターにて実施されました。

20名の出席者が集まり、新年度の活動について話し合いが行われました。
SMNGAでは、静岡に限らず全国で活動するプロガイド集団です。
総会では、昨年度のふりかえりから、新年度の活動についてなど有意義な話し合いが行われました。

明日はSMNGA内での研修が予定されています。私たちが普段どんなことをしているのかまたブログにて紹介していければと思っています。