積雪期ルートガイディング安全管理研修会

2019年度 研修 積雪期ルートガイディング/安全管理技術研修(1/17)

積雪期のルートガイディング及び安全管理技術(アイゼン歩行、ピッケルの使い方)の講習会を富士山の麓で実施しました。
目的はこれから積雪期のガイドを目指すためのスキルアップ、技術の確認などです。今冬はどこの山域でも雪不足で、やや雪の量に関しては不満でしたが、和気あいあいの雰囲気のなか、無事に終了しました。

当日のお天気は曇天から降雨か降雪かもしれない微妙なお天気でした。実は研修はこの時点で始まっており、天気によって装備をどのように準備するのか、お客様にどう配慮するのか。積雪期には多くの思考が必要です。幸い現地に到着してみるとなんと富士山が顔を出してくれました。


歩き出しは横移動の樹林帯です。一見歩き易そうですが、積雪期にはルートを見誤る可能性が
あるので慎重にルートファインディングをしていきます。自然解説も無積雪期に比べると格段に自然素材が少なくなるので、経験と知識がさらに必要になってきます。このため、一番目立つ針葉樹にスポットを当て、見分ける術を共有しました。基本はよく観察(違いを見極める)するのが見分けのポイントです。

ちくわのような空洞のある不思議な倒木。


ピッケルを使った登降や滑落停止のトレーニングです。


積雪期におけるガイディングは、何よりも体力が必要です。アイゼン、ピッケルなどを利用して歩くことは、無積雪期に比べてはるかに体力を消耗します。登山靴も重く、斜面のトラバース、直登、ジグザグに登降するなど安全に行える技術が求められます。この技術は自分が出来るということではなく、安全に顧客を案内出来る技術でもあります。そのためには、常にトレーニングと学習が必要です。
今回は特に学び多き研修でした。

担当ガイド:大嶽和彦(おおたけ かずひこ)

2019年度主催事業「地図読み」講習会②

静岡山岳自然ガイド協会×ホールアース自然学校(富士宮市)がコラボ企画し、地図読み講習会を12月7日(土)に開催しました。

今回の講師は、当協会ガイドの三上氏。
「やぶ山をこよなく愛する登山ガイド」 三ちゃんの愛称で親しまれています。


地図読み講習会のスタートは机上講習から始まります。 地図読みのコツを三ちゃんから教わります。「尾根のとなりに尾根はない」「沢のとなりに沢はない」地図読みは、「現在地」「先読み」「振り返り」が大事なんです。三ちゃんの資料には、地図読みの極意が記してあります。

地形図を読みながらいよいよ現場実習の始まりです。最初は足がでませんが、だんだん慣れてくるとみな自主的に山の中へ踏み込んでいきます。現在位置の確認をして、進行方向を見定めます。今まで歩いてきた地形と地形図の検証を行い、次の目的地までの標高差や地形、距離などを見極めていきます。

饅頭峠の三角点。みたけ道のルートのひとつでもあります。三角点で東西南北も確認できます。

饅頭峠とは面白い名前です。昔甲斐の国を訪れた弘法大師が峠の茶屋の老婆に饅頭を所望したところ老婆は「これは石だから食べられないよ」と偽った。大師が立ち去った後、ふと石ころをみるとみんな石ころに変わっていたという民話があるそうです。今では、饅頭石もなかなか見つかりません。

地図は「見る」ものではなくて、「読む」ものだと言われています。地図読みは「先き」読み。未来を予測することです。地図が読めるようになると、登山はもっと楽しくなり、地図読みは山登りの新しい世界を広げてくれます!!

読図は大切な登山技術の一つです。しっかり身につけましょう。(三ちゃん)

担当ガイド:大嶽和彦(おおたけ かずひこ)

2019年度主催事業「地図読み講習会」

2019年度主催事業 「地図読み」講習会(11/27)

静岡山岳自然ガイド協会×ホールアース自然学校(富士宮市)がコラボ企画し、地図読み講習会を11月27日(水)に開催しました。
今回の講師は、当協会ガイドの三上氏。「やぶ山をこよなく愛する登山ガイド」三ちゃんの愛称で親しまれています。

地図読み講習会のスタートは机上講習から始まります。 地図読みのコツを三ちゃんから教わります。「尾根のとなりに尾根はない」「沢のとなりに沢はない」!地図読みは、「現在地」「先読み」「振り返り」が大事なんです。

地形図を読みながらいよいよ現場実習の始まりです。最初は足がでませんが、だんだん慣れてくるとみな自主的に山の中へ踏み込んでいきます。

饅頭峠の三角点。みたけ道のルートのひとつでもあります。

饅頭峠とは面白い名前です。昔甲斐の国を訪れた弘法大師が峠の茶屋の老婆に饅頭を所望したところ老婆は「これは石だから食べられないよ」と偽った。大師が立ち去った後、ふと石ころをみるとみんな石ころに変わっていたという民話があるそうです。

地図は「見る」ものではなくて、「読む」ものだと言われています。地図読みは「先き」読み。未来を予測することです。地図が読めるようになると、登山はもっと楽しくなり、地図読みは山登りの新しい世界を広げてくれます!!
地図読みは登山の基本です。皆様には、是非身に着けて頂きたいスキルのひとつです。

担当ガイド:大嶽和彦(おおたけ かずひこ)

城ケ崎フリークライミング研修

11月23日(土)伊豆城ケ崎でフリークライミング研修を行いました。

「フリークライミングとは?」
自らの手足を使い道具に頼らない岩登りのことを言います。
(クライミングシューズはOKです)
但し、墜落したら落下を止めなければ命がいくつあっても足りません。
なのでそのような時に備え、ロープやプロテクションを使用します。
フリークライミングの定義として、地面から終了点(そのルートの最後)まで一度もロープなどにテンションをかけずに登れたら完登とみなされます。途中でロープに体重かけたらそれは墜落(登れなかった)したと同じになります。

まずはプロテクションの勉強です。
岩場にはアンカーボルトが設置してあります。アンカーボルトにはいろいろな種類がありその特徴や危険性を学びました(今回の岩場にはないので模型で)


本日登る城ヶ崎の岩場は大室山の噴火により流れ出した溶岩が冷えて割れてできたクラックを登るクライミングです。


ここにアンカーボルトは無く、プロテクションはカムと言う道具を使い自分で設置していきます。(画像の岩は城ヶ崎とは関係ありません)


また登り方もジャミングと言うテクニックを使い登ります。
手の甲が痛くなるのでテーピングをします。
これにもいくつかの方法があり、そのうちの一つを学びました。
利き手で反対の手は比較的やりやすいのですが、逆は大変、みなさんテープにもて遊ばれてました。


今回はトップロープでのクライミング。
これは予めロープを設置し墜ちてもロープにぶら下がるだけの比較的安全な登り方です。
また自己流になりがちなビレイ(登る人が落ちた時や終了点から降りるときにロープをコントロールする役目)の正しい方法を学びます。


生憎の天気で雨が降り出しました。
なので岩の下に退避、ここの岩場にはないのですが、他の岩場でよく目にする終了点での安全な結び変え方法を学びます。


何度も反復するうちに登りもビレイも慣れてきて、岩と一体化し皆一様に楽しそうです。
「安全に楽しくクライミング」
安全管理は手抜きなく、登りは楽しく、クライミングは登り切った時の爽快感が格別ですよ。


海外ではクライミングはレジャーの一環です。
興味のある方、日本人は真面目なので何でもできないとダメみたいな風潮がありますが、最低限の安全は学び、あとはプロにお任せ、あまり難しく考えず楽しく登ると言いうのも一つの手です。


晴れたらこのような景色が待っています!


「楽しく登りましょう!」

フリークライミング・インストラクター 富永浩司

2019年度主催事業「ゆるり登山~山伏~」

11月21日(水)に2019年度の主催事業である「ゆるり登山~山伏~」を実施しました。

曇り予報のなか気温は低めでしたが、小春日和の気持ちよさを感じながらの登山でした。
今回は、大きな目的を持っての主催でした。第一に静岡山岳自然ガイド協会の存在と取り組みを知ってもらうこと。
第二に自然観察・解説をたくさん取り入れること。第三に自然環境に配慮(ゴミ拾いを実施)することでした。
冬枯れの山には何も無いイメージですが、実は宝物がいっぱいあります。その反面ゴミも沢山ありました。参加していただいた皆様は、それぞれの感性でツアーを楽しんでいました。

今回の講師は唐橋ガイド、ヨガの先生でもあります。さすが、オーラが輝いています!

冬枯れと青空は気持ちがいいですね。所々自然解説を交えながら。


圧倒的な南アルプスの存在感。クマあしの南アルプス、熱弁トークタイム
ココロはすでに夏山気分!

百名山7座+200、300名山も。

雲に隠れていた待望の富士山も顔を出してくれました。参加者のテンションもMAX!


ミッションであったゴミ拾いも実施です。レトロなゴミが多かったかな。


苔観察タイム。山伏でも苔、楽しめます!

静岡山岳自然ガイド協会では、安全で楽しい登山活動と自然体験活動の普及発展事業を行っていますので、是非、ご参加いただければと存じます。
個性豊かなガイドが皆様をお待ちしております。

担当ガイド:大嶽和彦(おおたけ かずひこ)

入笠山ガイド研修

9月24日に入笠山で研修を行いました。
今年も地質の専門家、富樫氏に講師をお願いして
「地形・地質・自然史に目を向けたガイドツアーを考える」をテーマに
入笠山、入笠湿原、大阿原湿原を巡りながら目の前の景色を観察しつつ
解説していただきながら歩きました。

まずはゴンドラで一気に1780mの八ヶ岳を望む展望台へ。
九州から800km以上も連続してきた西南日本がフォッサマグナによって
スパッと断ち切られるその東のへりの突端にいるという解説から
始まりました。

そして断ち切られた先にある凹地と八ヶ岳は成り立ちが全く違うということ。
入笠山までの地質は2億年以上も前の海底で形成された古い岩、一方
八ヶ岳は数十万年前以降の陸地化後に形成された火山の噴出物。
実際の景色を見ながら分かりやすい説明に皆納得です。

次に入笠湿原を目指しシカ柵の中へ。
エゾリンドウの咲く湿原は高層湿原の南限域であるという貴重な場所。

山頂であいにくの雨になってしまいましたが、山頂に露出している緑色岩に
注目して解説していただきました。

大阿原湿原ではシカの食害による植生の変化を入笠湿原と比較して
見ることができました。

入笠山の新たな魅力を参加者の多くが発見できた研修となりました。

担当ガイド:杉本晴美(登山ステージⅡ、自然ステージⅡ、スキーガイドステージⅠ)

沢登り初級研修

9月13,14日に山梨県にて沢登り研修を実施しました。

沢登りは登山のエッセンスが凝縮されています。整備された登山道では学ぶことのできないルートファインディング、基礎的な岩登り、ロープワーク、滝の巻き、ゴーロでの歩き方など学ぶことは多く山の総合力が試されます。

甲斐駒ヶ岳黄連谷右俣は日本を代表する沢ルート。普通は登山口を早朝に出発し1泊2日で山頂に抜け、黒戸尾根を下るというのがスタンダードですが、今回は研修ということで約半分の千丈ノ滝上までで宿泊としました。

千丈ノ滝上には10人は泊まれる岩小屋があります。甲斐駒ヶ岳のバリエーションの開拓で有名な東京白稜会にちなんで「白稜の岩小屋」と呼ばれます。

快適な夜を岩小屋で過ごした翌朝は、黒戸尾根五合目に向けて急傾斜の斜面に苦しみました。五合目小屋跡からは黒戸尾根の名前の由来の黒戸山へ登りました。
山の総合力が問われる沢登りということで参加者の経験値が上がった研修でした。

担当ガイド:三上浩文(登山ガイドステージⅢ)」

ガイドが使う実践ロープワーク研修

5月9日新人向け ガイドが使う実践ロープワーク研修

新規に静岡山岳自然ガイド協会に加入したガイド向けに、実際ガイド中に役に立つ実践的なロープワーク実習を行いました。


登山ガイドが使う、足元に不安のあるお客様のバランス補助としてのショートロープ歩行技術
自力救助が可能な場所での顧客の引き上げ実習を何度も使えるまで実習を行いました。

担当ガイド:平木 順

危急時対応技術研修

4月22日に毎年総会の翌日開催が恒例になっている会員向けの危急時対応技術講習会を、清里高原で実施しました。
今年のテーマは、ガイド中に一番出くわす可能性の高い中程度の怪我の対応を確実にできるようにすること。

○手首の骨折の固定と包帯法
○足首の捻挫及び骨折の手当と搬送法
軽く捻った程度で本人が歩けそうといった場合
 →テーピングによる固定法、松葉杖歩行のための松葉杖作り、バランス補助のための簡易ショートロープ技術

骨折の疑いのあるとき
 →簡易シーネによる固定、ザック搬送、ザック担架
○実際に登山道で転滑落し上記の怪我が発生した想定で、チームレスキュー実習
ガイドが指揮官としてチームで果たす役割の重要性を理解してもらう。

○他に写真はないですが、山で発生すると厄介な傷病の見分け方の実習を行いました。
脳卒中、心疾患、高山病など

少し汗ばむ初夏のような陽気でしたが、各ガイドとシーズンに向けてよい研修会になりました。

担当ガイド:平木 順

三浦半島海辺のエコツアーガイド研修

6月3日、三浦半島の潮風トレイル(神奈川県三浦市宮川港~剱崎灯台)にて研修を行いました。
ツアーの拠点はマグロの遠洋漁業の町「三崎港」普段山域で活動するガイドが多い中、街歩きからスタートしました。三崎港から宮川港を経由して東京湾の出口、剱崎灯台までの約10㎞です。
トレイルに入ると、三浦半島を構成した伊豆・小笠原弧の海底隆起でできたダイナミックな岩峰を横目に歩いていきます。隆起した岩峰の中には、海底で積もった泥岩やスコリアなど火山活動などでできた地層を観察することができます。
海と岩峰の間の平地には海岸性植物の群落も見られます。
高山植物のように背丈の低い海岸性植物。代表的なもので、サクラソウ科のハマボッスは見ごろを迎えていました。
トレイルの途中には大小いくつかの湾を通りますが、そのうちの1つには広大な干潟が形成されていて、求愛のため手を振るチゴガニや、それを狙うサギ類などの水鳥も見られました。
トレイルのクライマックスは逆断層の壁を通過し、剱崎灯台へ到着しました。
海況が悪い時は通過もままならないため、海況や潮見表などを見ながら歩くなど安全管理も山と異なります。
約10㎞の短いトレイルですが、海岸線の人々の生活や自然を垣間見ながら歩くことができ、海を切り口に色々なことを感じ、体験する研修となりました。

担当ガイド:成相 修